メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公害が生んだ「もう一つの栃木」 汚された古里、強いられた集団移住 北海道

4キロある直線道路沿いに牧場や畑が広がる北海道佐呂間町栃木地区=2019年12月9日、山下智恵撮影

 美しい夕日やサンゴ草の群生で知られるサロマ湖(北海道)から、車で内陸部に約40分。小川にかかる「栃木橋」を渡ると、牧場が広がる集落にたどり着く。100年以上前の明治末期に開墾された佐呂間町の「栃木地区」。今でこそ農村風景が美しいが、当時はオホーツク海の北風が吹き込み、町内で最も雪解けが遅いうっそうとした森だった。

 入植したのは、栃木県谷中村(現・栃木市)の農民ら。古河財閥が経営する足尾銅山(栃木県)から流出する鉱毒で広大な農地が汚染され、1911(明治44)年に集団移住を強いられた。古里から約1000キロ。未開の地に「もう一つの栃木」を築いた。

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. ハナマウイ、痛い走塁ミス 初白星ならず 四国銀は13大会ぶり2勝目 都市対抗野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです