メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公害が生んだ「もう一つの栃木」 汚された古里、強いられた集団移住 北海道

4キロある直線道路沿いに牧場や畑が広がる北海道佐呂間町栃木地区=2019年12月9日、山下智恵撮影

 美しい夕日やサンゴ草の群生で知られるサロマ湖(北海道)から、車で内陸部に約40分。小川にかかる「栃木橋」を渡ると、牧場が広がる集落にたどり着く。100年以上前の明治末期に開墾された佐呂間町の「栃木地区」。今でこそ農村風景が美しいが、当時はオホーツク海の北風が吹き込み、町内で最も雪解けが遅いうっそうとした森だった。

 入植したのは、栃木県谷中村(現・栃木市)の農民ら。古河財閥が経営する足尾銅山(栃木県)から流出する鉱毒で広大な農地が汚染され、1911(明治44)年に集団移住を強いられた。古里から約1000キロ。未開の地に「もう一つの栃木」を築いた。

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです