メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「なんだか強くなれた気がする」参加者と一体感 西大寺「女会陽」記者が体験

垢離取場に入る松室花実記者=岡山市東区西大寺中で2020年2月15日午後6時56分、林田奈々撮影

 岡山市東区の西大寺観音院で15日夜行われた西大寺会陽(えよう)で、観衆約3万人が見守る中、約1万人の裸衆らが投下された2本の宝木(しんぎ)を奪い合った。今年は行地グループと寺坂グループの計6人が争奪戦を制し、「福男」の称号を手にした。

 また、西大寺会陽の会場で宝木が投下される3時間ほど前、女性たちが冷水で水垢離(みずごり)をする「女会陽」が行われ、岡山支局赴任1年目の松室花実記者も初めて参加した。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです