メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高速道では日本一なのに…? 青森のシートベルト着用、一般道は東北ワースト

シートベルト=ゲッティ

 日本自動車連盟(JAF)と警察庁が昨年11月に行った、シートベルトの着用率に関する全国調査の結果、青森県内の高速道路での後部座席の着用率が93.2%(全国平均74.1%)で、全国1位だった。一方、一般道路での後部座席の着用率は東北各県の中で最も低い30.2%(同39.2%)で、関係者は「高速道路じゃなくても着用を」と呼びかけている。

 調査は昨年11月5~21日に全国782カ所の一般道路、104カ所の高速道路などで実施。県内は12市町村16カ所の一般道で計7289人、青森、八戸の2カ所の高速道路出入り口で計1450人を対象に調べた。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです