メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武者姿生き生きと 五月のぼり制作追い込み 佐賀・小城の工房

一枚一枚手作業で仕上げられていく五月のぼり=佐賀県小城市で2020年2月13日、田鍋公也撮影

 佐賀県小城市の城島旗染工(じょうじまはたせんこう)で職人たちが五月のぼりの制作に追われている。工房では伝統的な戦国武将や登り竜、コイの滝登りなどが一枚一枚手作業で色づけされていた。

 5月の端午の節句に、男児の成長を祝ってこいのぼりと一緒に庭先などに立てるのぼりで、主に九州や山陰地方に伝わる。同じ染…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです