メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男衆から「ひゃー」と悲鳴 寒風の中、気合の水かぶり 秋田・横手

冷たさに負けず気合を込めて水をかぶる男衆=秋田県横手市で2020年2月16日、佐藤伸撮影

 秋田県横手市十文字町の梨木集落で16日、市無形指定民俗文化財の厄除け神事「梨木水かぶり」があった。下帯に鉢巻き、足袋にわらじ履きの男衆約30人が、寒風吹く中、集落を練り歩き、気合とともに水をかぶった。

 集落のはやり病を追い払おうと、江戸時代の宝暦元(1751)年に始まったと伝えられる。

 愛宕神社を起点に集落沿いの道路約300…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです