メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡で観測史上最も遅い初雪 大分は平年より74日遅く

雪の降る中を寒そうに歩く人たち=福岡市博多区で2020年2月17日午前10時23分、須賀川理撮影

 福岡管区気象台は17日、福岡市で1891年の統計開始以来最も遅く初雪を観測したと発表した。過去最も遅い記録(1909年2月6日)を11日更新し、平年(12月15日)より64日遅かった。大分市でも17日、平年より74日遅く初雪を観測した。

 気象台によると、九州北部は17日、上空約1500メートルに氷…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです