メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大津園児死傷 被告に禁錮4年6月の実刑 大津地裁判決

散歩中の保育園児ら16人が死傷した事故の現場。園児らが信号待ちをしていた歩道(右)に防護柵が設置され、右折レーンの先端(中央)には破線が引かれた=大津市大萱6で2020年1月29日、諸隈美紗稀撮影

 大津市の滋賀県道交差点で2019年5月、車同士の衝突に巻き込まれた保育園児ら16人が死傷した事故で、右折車を運転し自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた無職、新立(しんたて)文子被告(53)=同市一里山=の公判が17日、大津地裁であった。検察側は「被告が反省の態度を示したのは、自己の刑事責任を軽くするためだ」などと述べ、改めて禁錮5年6月を求刑した。一旦休廷した後、大西直樹裁判長は禁錮4年6月の実刑判決を言い渡した。

 判決は当初1月16日の公判で言い渡される予定だったが、弁護側が当日になって突然、起訴内容の一部を争う姿勢に転じたため、延期される異例の事態になった。この日は再び被告人質問や被害者側の意見陳述が行われた後、検察側が求刑した。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです