メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4日以上、37.5度か強いだるさや息苦しさで電話相談を 新型肺炎で 厚労省

 厚生労働省は17日、新型コロナウイルス感染症に関する「相談・受診の目安」を初めて公表した。風邪の症状や37・5度以上の熱が4日以上続くか、強いだるさや息苦しさがある場合、各地の「帰国者・接触者相談センター」へ電話するよう求め、重症化のリスクが高い人には、それより早い相談を呼び掛けた。

 新型肺炎の国内感染が広がった場合、発熱などがある人が相談センターや医療機関に殺到してパンクするのを避けるために、目安を示した。重症化リスクが高いのは、高齢者▽基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです