メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州各地、厳しい寒さ 山地中心に大雪の恐れ

 九州・山口地方は17日、上空に今季一番の強い寒気が流れ込み、各地で雪が降る厳しい寒さに見舞われた。福岡市では最も遅い初雪の記録を111年ぶりに更新。大分、長崎、熊本、宮崎の各市でも平年より遅い初雪を観測した。気象庁は18日にかけて山地を中心に大雪になる恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。

 福岡管区気象台によると、福岡市では午前6時40分に気象台の職員が目視で初雪(みぞれ)を確認。統計開始以来最も…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 緊急事態 愛知知事が対象追加要請へ 10日午後、県独自で宣言

  3. 受刑者が布マスク製作 小中校に1800枚 山口・美祢市

  4. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです