メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「主催者への批判恐れたのではないか」 続くイベント中止に「過剰」批判も 新型肺炎

合唱団のメンバーが客席に立ち並ぶ「国技館5000人の第九コンサート」。昨年も大盛況だったが、今年は中止となった=東京都墨田区の両国国技館で2019年2月24日撮影

 国内で新型コロナウイルスの感染が広がり始めたことを受けて、各地でイベントの中止・縮小などの決定が相次いでいる。

 東京・両国国技館で23日に予定されていた「国技館5000人の第九コンサート」は中止が決まった。1985年から続く人気イベントで中止は初めて。ベートーベンの第九を一般公募した約5200人編成の合唱団やプロオーケストラなどが演奏し、出演者は計約5300人。例年約3000人の観客が訪れるため「出演者と観客の健康と安全を第一に考えて判断に至った」という。主催する東京都墨田区などには「本当に開かれるのか」との問い合わせが先週から相次いでいた。会場確保も難しく、延期はしない。チケットは払い戻す方向だという。

 27日から3月1日まで横浜市で開催予定だった国内最大のカメラ展示会「CP+(シーピープラス)」も開催中止になった。来場者や出展関係者の健康、安全面などを考慮したという。茨城県も茨城空港(小美玉市)の開港10周年を記念した式典を3月8日に開く方向で検討していたが、市中感染の恐れが出てきたため当面の延期を決めた。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです