メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール 高く険しい峰の夢、一歩ずつ 日本代表復帰、「育ての親」への感謝胸に

ソフトボール日本代表の峰幸代。北京五輪や世界選手権での豊富な経験を武器に東京五輪出場を目指す=沖縄県読谷村の読谷平和の森球場で2019年12月13日午前11時25分、細谷拓海撮影

 一度は競技を離れた2008年北京五輪の金メダリストが、第一線に戻ってきた。ソフトボールの峰幸代(ゆきよ)捕手(32)=トヨタ自動車=が19年末に約5年ぶりに日本代表に復帰。「自分の夢、目標を失わないという気持ちを信じて良かった」。エースの上野由岐子(37)=ビックカメラ高崎、主将の山田恵里(35)=日立=と同じく北京五輪のレジェンドは、「育ての親」と慕う宇津木麗華・日本代表監督(56)への感謝を胸に、今夏の東京五輪代表入りに向けた最後のアピールを続ける。

 千葉・木更津総合高から06年に日立&ルネサス高崎(現ビックカメラ高崎)入り。当時、チームを率いていたのが宇津木監督だった。「捕手は守備の監督」と諭され、「サイン一つの責任の重さや、投手の持ち味を最大限に引き出す重要性を教わった」と峰。試合が終われば「なぜ打たれたのか」「ボールになった1球は本当に必要だったのか」と1球ごとに細かく考えることを求められた。

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文2138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  3. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです