メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

すたこら 出会い

 大学生になって1年。さまざまな活動に参加し、「知り合い」の輪が広がる1年だったが、自信をもって「友達」と言える人はまだいない。人の顔色ばかりうかがう私。大学の知り合いといても、何を話せばいいのかわからない。こんなオチのないくだらない話、自分だったら聞きたくないなと思うと話が続けられない。

 高校の時は、夜に見たおかしな夢の話などのしようもない話をしても受け止めてくれる、深い間柄の人がいつの間にか隣にいたので、友達作りで悩んだこともなかった。

 「大学にはさまざまな人がいて、その中には必ず自分にあった人がいる」と聞いていたから、大学でも当然「友達」ができると楽しみにしていた。それなのにどうして。高校生の頃のきらきらした自分を想起すると、今の口数の少ない自分がくすんで見える。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです