メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「看取り士」と幸せな死 最期サポート、都市部中心に依頼

「看取り士」の養成講座で、臨終の場面を想定して看取りの作法を学ぶ参加者ら=滋賀県多賀町で2019年10月14日、金志尚撮影

 大切な人の「看取(みと)り」をサポートします――。岡山市の民間団体が始めたサービスが注目を集めている。依頼者の自宅などに赴いて一緒に家族の死に立ち会ったり、臨終前後の作法を伝えたりする。2019年秋には、その取り組みを描いた映画が公開されて話題になり、都市部を中心にニーズも出始めているという。背景に何があるのか。【金志尚】

 「ご本人が死を受け入れる前は『体が良くなったら、こんなことをしましょう』と希望の話を。死を受け入れた後は『何も心配いりませんよ』と声をかけてください」

 19年10月、滋賀県多賀町であった一般社団法人「日本看取り士会」(岡山市)の養成講座。全国から来た6人の参加者が講師の説明に耳を傾けていた。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです