メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「看取り士」と幸せな死 最期サポート、都市部中心に依頼

「看取り士」の養成講座で、臨終の場面を想定して看取りの作法を学ぶ参加者ら=滋賀県多賀町で2019年10月14日、金志尚撮影

弱る家族と呼吸合わせ/死後も体に触れて 臨終前後、接し方伝える

 大切な人の「看取(みと)り」をサポートします――。岡山市の民間団体が始めたサービスが注目を集めている。依頼者の自宅などに赴いて一緒に家族の死に立ち会ったり、臨終前後の作法を伝えたりする。2019年秋には、その取り組みを描いた映画が公開されて話題になり、都市部を中心にニーズも出始めているという。背景に何があるのか。【金志尚】

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです