メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

オタクの終活支援

陳列された漫画・アニメ関連グッズを紹介する「まんだらけ」副社長兼中野店長の辻中雄二郎さん=東京都中野区で2020年1月22日午後6時36分、和田浩幸撮影

 苦労して集めた漫画やアニメなどの関連グッズは、自分の死後どうなってしまうのか? こんな中高年オタクたちの悩みに応えたのがサブカルチャーの聖地、東京・中野に本社を置く古物商「まんだらけ」の「生前見積」サービスだ。

 依頼者のコレクションについて、情報や写真を基に、無料で評価額を査定する。2016年に始め、これまでに60歳以上を中心に約150人が利用した。ウルトラマンの…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  4. 保育園は休園?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです