メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/47 安井彦文さん(奈良県田原本町) 自然を友に「健康」耕す

収穫したばかりの「紅くるり大根」(左)と「あやめ雪カブ」を手にする安井彦文さん、安井三智子さん夫妻=奈良県田原本町で、高尾具成撮影

 霜が降りると野菜は甘みを増す――。そんな「霜降り野菜」を生産の柱に据え、徹底した露地栽培にこだわり、野菜づくりをする農家があると聞き、奈良県田原本町八田(はった)地区を訪ねた。

 奈良盆地のほぼ中央部。「八田」は「末広がりに田畑が開けた」との意味も持つ縁起のよい土地という。同地区を流れる大和川近くで農業を営む安井彦文さん(68)の考え方はシンプルだ。「おいしい野菜を通じて人との出会いやつながりが生まれます。みんなに喜びや健康が広がり、幸せな気持ちになれますからね」

 安井さんは、妻三智子さん(65)、会社勤めの傍らで手伝う長男俊仁さん(40)と一緒に、4カ所に点在する耕作面積計50アールほどの畑で、約20種類の野菜を育てている。

この記事は有料記事です。

残り1950文字(全文2267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  3. 全高18m、動く「実物大」ガンダムがついに横浜に 12月19日オープン

  4. SNSで「持続化給付金」不正受給を指南 詐欺容疑で愛知大生2人逮捕

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段ー佐藤天彦九段 第7局の2

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです