メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 居眠り運転、奪われた笑顔 横浜・トラック追突死亡事故(その2止)

 事故は加害者の家族にも大きな影響を与えている。記者は昨年11月下旬、男性の両親を訪ねた。50代の母親は、「息子がトラック運転手になると聞いた時から、事故を一番心配していた」と話した。現在の心境を「遺族のことを考えるとニコニコして楽しんではいけないのではないかという気持ちになる。事故は常に頭の中にある」と吐露した。

 母親は事故後、数カ月は買い物に行くこともままならなかった。心配してくれる人がいる一方、「新聞を見たけどどうなったの?」と興味本位で聞かれることもあり、「対人関係が怖くなった」。精神的に不安定になり、今も突然涙が出てくることもある。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです