メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 居眠り運転、奪われた笑顔 横浜・トラック追突死亡事故(その2止)

 事故は加害者の家族にも大きな影響を与えている。記者は昨年11月下旬、男性の両親を訪ねた。50代の母親は、「息子がトラック運転手になると聞いた時から、事故を一番心配していた」と話した。現在の心境を「遺族のことを考えるとニコニコして楽しんではいけないのではないかという気持ちになる。事故は常に頭の中にある」と吐露した。

 母親は事故後、数カ月は買い物に行くこともままならなかった。心配してくれる人がいる一方、「新聞を見たけどどうなったの?」と興味本位で聞かれることもあり、「対人関係が怖くなった」。精神的に不安定になり、今も突然涙が出てくることもある。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです