メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立高入試 前期倍率は0.95倍 特色選抜、狙った効果出ず /福島

 県教育委員会は17日、新年度の県立高校入試・前期選抜の特色選抜と一般入試(専願)の出願状況を発表した。全日制の志願者数は募集定員1万3230人に対し1万2481人で、倍率は0・95倍。新たに採用される特色選抜は0・82倍で倍率が1倍を超えたのは全日制の79校161学科・コースのうち55学科・コースとなった。各校が独自色を出して生徒を呼び込むことに主眼を置いた特色選抜だったが、狙い通りの効果が出たとは言えない結果となった。【柿沼秀行】

 13~17日の出願先変更後の状況をまとめた。全日制の特色選抜と一般入試を合わせた志願者の倍率では、福島1・24倍▽安積1・28倍▽磐城1・03倍▽会津1・02倍――と、県教委が計画する高校改革で「進学指導拠点校」と位置づける4校はいずれも1倍を超えた。最も高いのは、福島イノベーション・コースト構想のための人材育成の対象校に指定されている平工業で情報工学が1・53倍、同・土木環境工学が、会津工業・…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです