メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

守谷 カフェ「テネレの木」 みんなが憩い、地元食材堪能 /茨城

老舗の寿司店だった建物を借りて開いたカフェ「テネレの木」=茨城県守谷市大柏で

 西アフリカ・ニジェールに広がるサハラ砂漠。砂漠の中南部にはかつて、「テネレの木」と呼ばれた旅人の目印があった。その木の名前を店名にしたカフェが守谷市大柏にある。経営する亀田陽子さん(46)は「テネレの木を目指してラクダや旅人が行き来したように、自然と集まった人たちがゆっくり休む店にしたい」と話している。

 2017年11月、老舗の寿司(すし)店だった建物を亀田さんが借りて開いた。友人の福田英子さん(62)=守谷市=が文を担当した絵本「ニジェール物語」(象の森書房)に感動し、物語に登場した「テネレの木」を店名にしようと思った。料理指導の経験もある福田さんが約1年間、店の料理を監修した。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです