メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 医師ら感染受け、外来や入院休止 大田・牧田総合病院 /東京

 新型コロナウイルスに60代の男性医師と50代の女性看護師の感染が確認された大田区の「牧田総合病院」は、17日から当面の間、外来診療や新規の入院、予定手術などを休止すると発表した。患者への感染防止を考慮して決めたという。

 同院の発表では、区保健所と協議し、感染した2人と濃厚接触した人の洗い出しを進めている。外来で定…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  2. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  3. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです