メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞記者、銃をとる

新米猟師奮闘記/28 獲物運びは「速やかに」 /滋賀

作画=マメイケダ

 シカやイノシシによる農業被害が増えたことを憂慮して、厚生労働省は2014年、シカ肉をもっと流通させてシカを減らそうと、野生動物解体の指針を作成した。そこには捕獲したシカは「速やかに食肉処理施設に運搬する」とある。しかし、車が入れない山の中では、エッサ、エッサとシカを車まで運ばなければならず、なかなか「速やかに」とはいかないのが実情だ。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです