連載

新聞記者、銃をとる

この連載で狩猟の醍醐味(だいごみ)を味わおうとか、ましてハンターの英知を学ぼうと考えている人には、期待を裏切ること間違いない。しかし、ハンターの世界を少しのぞいてみたい、悪戦苦闘のエピソードを楽しみたいという人にはぜひ、お付き合いをお願いしたい。

連載一覧

新聞記者、銃をとる

新米猟師奮闘記/28 獲物運びは「速やかに」 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
作画=マメイケダ
作画=マメイケダ

 シカやイノシシによる農業被害が増えたことを憂慮して、厚生労働省は2014年、シカ肉をもっと流通させてシカを減らそうと、野生動物解体の指針を作成した。そこには捕獲したシカは「速やかに食肉処理施設に運搬する」とある。しかし、車が入れない山の中では、エッサ、エッサとシカを車まで運ばなければならず、なかなか「速やかに」とはいかないのが実情だ。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1171文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集