特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

スマートスタイル

センバツ平田 第3部 横顔点描/4 都田明日生外野手/坂田大輝外野手 /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

浜風頭に、守備用意万端 都田明日生(みやこだ・あすき)外野手(1年)

相手打者の特徴を野球ノートに書き留めて試合に臨む都田明日生外野手=出雲市平田町の平田高で、鈴木周撮影 拡大
相手打者の特徴を野球ノートに書き留めて試合に臨む都田明日生外野手=出雲市平田町の平田高で、鈴木周撮影

 昨年秋の公式戦全7試合に2番で先発した左翼手。味方投手のコースや球種に応じて1球ずつ変える緻密なポジショニングと広い守備範囲で大飛球も難なくキャッチする。「相手打者の特徴を野球ノートに書き留め、頭にたたき込んでから試合に臨む」といい、「守備からリズムを作る」平田野球を体現する。

 7―1で快勝した県大会準決勝、大社戦の一回には中堅手と右翼手に声を掛け、外野全体を左翼線寄りにシフト。抜かれれば長打になったであろう左翼への打球を落下点で待ち構えた。

 入部して「野球はこんなに頭を使うのか」と驚いた。自慢の守備を念頭に「甲子園特有の浜風も頭に入れ、投手を安心させたい」と大舞台を見据える。

地域の子らに輝く姿を 坂田大輝(さかた・だいき)外野手(2年)

ボールから目を離して落下点に向かう「目を切る守備」を身に付けた坂田大輝外野手=出雲市平田町の平田高で、鈴木周撮影 拡大
ボールから目を離して落下点に向かう「目を切る守備」を身に付けた坂田大輝外野手=出雲市平田町の平田高で、鈴木周撮影

 幼児向けの野球体験会のメニューを考えたり、道具を手作りして準備したりする「普及班」の班長で、チームの副主将。「甲子園で活躍する姿を地域の子どもたちに見せたい」と飛躍を誓う。

 プレーの持ち味は「目を切る守備」。高校から中堅手となり、当初は飛球を目で追いながら落下点に向かっていた。しかし、植田悟監督のアドバイスを受け、瞬時に落下点を予測し、ボールからいったん目を離してまずは落下点に走る捕球方法にトライ。練習でノックを受けながら感覚を染みこませ、落下点により早く到達できるようになったという。

 甲子園に向け「強打者が多いはずなので、大飛球をアウトにすることでリズムをもたらしたい」と力を込める。

あわせて読みたい