メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020

永瀬正敏さんを追加 県実行委決定 聖火ランナーに /愛媛

 東京2020オリンピック聖火リレー県実行委員会は13日、県内で行われる聖火リレーのランナーについて、俳優の永瀬正敏さん(53)を追加決定したと発表した。永瀬さんは映画出演が縁で愛媛・伊予観光大使を務めており、グループランナーの一員として走る。【木島諒子】

 永瀬さんは、日本統治時代の1931年に夏の甲子園で準優勝した台湾の嘉義農林(現嘉義大学)を描いた台湾映画「KANO」(2014年)で、チームを率いた松山市出身の故近藤兵太郎さん(1888~1966)を演じた。映画は台湾で大ヒットし、日本でも公開された。ランナー決定について「愛媛県の一層…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです