メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

改定NAFTAでのメキシコ=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 1月29日にトランプ米大統領は北米自由貿易協定(NAFTA)の改定版の米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)法案に署名し「NAFTAの悪夢に終止符を打った」と宣言した。これで大統領選挙時のNAFTAの再交渉という公約を守ったことになる。

 1994年発効のNAFTAによってメキシコの知識人に積極性が出た。メキシコの報道は麻薬取引やマフィアの暗躍などから、北米全域での供給網づくりとメキシコの占める位置へと焦点が移った。そしてメキシコから米国への鉄道網を通ずる工業製品の搬送量の拡大は、太平洋をまたぐ米中間の貨物輸送の成長率を上回るまでになる。メキシコ市では「先行する中国の背中を見…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  3. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  4. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  5. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです