メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-久保利明九段 第35局の2

 がっぷりと組み合い、構想が問われる展開になった。昼下がり、両者あぐらに崩して盤に向かう。羽生は[先]3八飛と回って[後]4四角を強要し、飛車先を遮断してから[先]6八銀と引き付けた。[先]7九銀右で松尾流穴熊が完成。金銀4枚の美しい鉄壁が堅さを主張する。

 [後]2二飛で[後]3三角は[先]2四歩[後]同歩[先]6五歩から角交換を挑まれ危険。水面下に千日手をはらんだ探り合いが続く。[先]8六角は[後]6四歩~[後]6三銀~[後]5四歩~[後]5五歩の予防。加えて5三に直射しているため、後手の動きを牽制(けんせい)している。久保が[後]6二金寄と戻って角の動きを楽にすると、棋士室では「辛抱の一着」と声が上がった。駒組みが飽和し、手が難しい。

 [先]2九飛に代えて[先]2八飛と引き[後]2一飛[先]2九飛[後]7二金左に[先]4六歩と動くのは[後]同歩[先]4九飛[後]2六角[先]4六飛[後]4五歩[先]4九飛[後]3七角成[先]5三角成[後]6四馬(参考図)で「やりすぎてますかね」と羽生。本譜はやや不満な展開で「千日手にするしかなかったですかね」とつぶやいた。(山口絵美菜)

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです