メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から 賃貸用マンション生前売却は損?

 Q 賃貸用マンション生前売却は損?

 相続税対策として賃貸用マンションを持っています。主人が亡くなり管理するのが大変になってきたので売却を考えています。息子はいますが、どうしたらいいか悩んでいます。(女性、70代)

 A 優良物件なら家族信託も

 賃貸物件の管理は想像以上に大変です。入居者が転居となればリフォームや新しい入居者の募集、新規契約の手続きもしなくてはなりません。

 一方、マンションを売却して現金化した場合、不動産に認められている相続財産評価額圧縮効果はなくなってしまいます。現金はそのままの金額で相続財産として評価されますが、賃貸用マンションだと築年数によって価値が下がること、また賃借人の存在で所有者の権利が制限されることで、相続財産の評価額が下がります。それから、家賃収入がなくなります。賃料が順調に入り続けている優良な物件なら、持ち続ける方法も考えてはいか…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです