メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から 賃貸用マンション生前売却は損?

 Q 賃貸用マンション生前売却は損?

 相続税対策として賃貸用マンションを持っています。主人が亡くなり管理するのが大変になってきたので売却を考えています。息子はいますが、どうしたらいいか悩んでいます。(女性、70代)

 A 優良物件なら家族信託も

 賃貸物件の管理は想像以上に大変です。入居者が転居となればリフォームや新しい入居者の募集、新規契約の手続きもしなくてはなりません。

 一方、マンションを売却して現金化した場合、不動産に認められている相続財産評価額圧縮効果はなくなってしまいます。現金はそのままの金額で相続財産として評価されますが、賃貸用マンションだと築年数によって価値が下がること、また賃借人の存在で所有者の権利が制限されることで、相続財産の評価額が下がります。それから、家賃収入がなくなります。賃料が順調に入り続けている優良な物件なら、持ち続ける方法も考えてはいか…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです