メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

ALL・FOR・2020 東京へ ともに歩む Passion 女子20キロ競歩・岡田久美子

女子20キロ競歩で、給水しながらコースを周回する岡田(手前)=カタール・ドーハで2019年9月、久保玲撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 東京五輪の陸上女子20キロ競歩で日本勢初のメダルを狙うのが、日本記録保持者の岡田久美子(28)=ビックカメラ=だ。2019年の世界選手権ドーハ大会では、この種目で日本勢過去最高の6位入賞。「東京五輪のメダルに近づいてきた」。明るく笑顔を見せる日本のエースだが、高校時代は女子長距離選手に目立つ「太る」ことへの不安から体に変調をきたした時期もあった。【新井隆一】

 埼玉県出身で高校時代、陸上部顧問の勧めで競歩を始めた。当時の専門は3000メートル競歩。長距離種目は、体重が軽い方がスピードが出て有利になるとされる。速くなりたい一心で、白米をあまり食べないなど食事を制限した。「体重を一日中、気にしていた。食事を我慢することが努力ととらえていた」

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです