メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

ALL・FOR・2020 東京へ ともに歩む Passion 女子20キロ競歩・岡田久美子

女子20キロ競歩で、給水しながらコースを周回する岡田(手前)=カタール・ドーハで2019年9月、久保玲撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

「太る」恐怖から解放 理想の体づくり習得、日本最速に

 東京五輪の陸上女子20キロ競歩で日本勢初のメダルを狙うのが、日本記録保持者の岡田久美子(28)=ビックカメラ=だ。2019年の世界選手権ドーハ大会では、この種目で日本勢過去最高の6位入賞。「東京五輪のメダルに近づいてきた」。明るく笑顔を見せる日本のエースだが、高校時代は女子長距離選手に目立つ「太る」ことへの不安から体に変調をきたした時期もあった。【新井隆一】

 埼玉県出身で高校時代、陸上部顧問の勧めで競歩を始めた。当時の専門は3000メートル競歩。長距離種目は、体重が軽い方がスピードが出て有利になるとされる。速くなりたい一心で、白米をあまり食べないなど食事を制限した。「体重を一日中、気にしていた。食事を我慢することが努力ととらえていた」

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです