日本政府、中国全人代延期に神経とがらす 習主席来日に影響の可能性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
視察先の福祉関連施設でマスクをし、体温チェックを受ける中国の習近平国家主席(左)=北京で10日、AP(中国国営・新華社通信配信)
視察先の福祉関連施設でマスクをし、体温チェックを受ける中国の習近平国家主席(左)=北京で10日、AP(中国国営・新華社通信配信)

 日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期される見通しとなった中国の全国人民代表大会(全人代=国会)の動向に神経をとがらせている。延期幅によっては、習近平国家主席の来日も延期される可能性が高いためだ。来日に向けた中国の先遣隊派遣や日本側の警備などの準備にも影響が出かねない。

 中国側が最重要視する全人代は例年、3月5日から15日ごろに開催される。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は今月24日の全人代常務…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

あわせて読みたい

ニュース特集