メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電事連会長は九電・池辺社長 中部電力次期社長は林氏に

九州電力の池辺和弘社長=同社提供

 電気事業連合会は、九州電力の池辺和弘社長(62)が会長に就任する方向で最終調整している。電事連は1952年に設立された大手電力会社による業界団体で、会長職を東京、関西、中部の3大電力会社以外が担うのは初めて。

 現会長は中部電力の勝野哲社長(65)が務めているが、同社は勝野社長の後任に林欣吾専務執行役員(59)が就くトップ人…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです