メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪不足で島根県のスキー場が破産へ 今季一度も営業できず 社長無念「今さら降られても」

閉鎖されるアサヒテングストンスノーパーク=同スキー場のホームページから

 島根県浜田市旭町のスキー場「アサヒテングストンスノーパーク」を運営する「ユートピア・マウンテンリゾート」(同町、木村宏一社長)は17日、事業を停止した。暖冬による雪不足で今季は一度も営業できず、維持費などが負担となり、事業継続を断念した。負債総額は約2000万円。スキー場は閉鎖し、代理人の弁護士が自己破産の準備を進めている。

 同スキー場は旧旭町の第三セクターが1995年にオープン。当初は年間10万人近く集めたが、スキー人口減少などの影響で次第に客足が遠のき、三セクは2001年に自己破産。その後、複数の会社を経て、18年10月に木村社長が新潟の会社からユートピア・マウンテンリゾートの全株式を取得した。ファミリー層の誘客に力を入れていたが、昨季も雪不足で25日間しか営業できず、来場者は6800人、売り上げは約2000万円…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです