雪不足で島根県のスキー場が破産へ 今季一度も営業できず 社長無念「今さら降られても」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閉鎖されるアサヒテングストンスノーパーク=同スキー場のホームページから
閉鎖されるアサヒテングストンスノーパーク=同スキー場のホームページから

 島根県浜田市旭町のスキー場「アサヒテングストンスノーパーク」を運営する「ユートピア・マウンテンリゾート」(同町、木村宏一社長)は17日、事業を停止した。暖冬による雪不足で今季は一度も営業できず、維持費などが負担となり、事業継続を断念した。負債総額は約2000万円。スキー場は閉鎖し、代理人の弁護士が自己破産の準備を進めている。

 同スキー場は旧旭町の第三セクターが1995年にオープン。当初は年間10万人近く集めたが、スキー人口減少などの影響で次第に客足が遠のき、三セクは2001年に自己破産。その後、複数の会社を経て、18年10月に木村社長が新潟の会社からユートピア・マウンテンリゾートの全株式を取得した。ファミリー層の誘客に力を入れていたが、昨季も雪不足で25日間しか営業できず、来場者は6800人、売り上げは約2000万円…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集