メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SBIと清水銀行が資本業務提携 「第4のメガバンク構想」第4弾

SBIホールディングスが入るビル=東京都港区で、曽根田和久撮影

 インターネット証券最大手のSBIホールディングスと清水銀行(静岡市)は18日、資本業務提携すると発表した。SBIは清水銀の発行済み株式の最大3%を既存株主から取得し、清水銀もSBIの株式を取得する予定。SBIは全国の地銀と提携して巨大な金融グループを築く「第4のメガバンク構想」を掲げており、今回で第4弾となる。

 清水銀は2016年3月にSBIグループと業務提携を開始。SBIの金融商品を清水銀の窓口で販売したり、SBIのさまざまな金融サービスを提供する「マネープラザ」を共同運営したりしてきた。今後もSBIが提供する低コストのシステムの導入などを検討しており、資本提携で関係を一段と深めることにした。

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです