メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

国税庁=東京都千代田区霞が関3で、本橋和夫撮影

 政府は来年1月以降に開催される競馬や競輪などの公営ギャンブルで1口(中央競馬は100円)当たり1000万円以上の超高額の払い戻しを受けた人への徴税を強化する。国税当局が、インターネットを通じて馬券などを購入した人のうち該当者の情報をレース実施者から受け取り、確定申告の有無を確認。必要に応じて税務調査を行う方針だ。

 徴税強化は競馬と競艇、オートレース、競輪が対象。所管する農林水産、国土交通、経済産業の3省は昨年末、日本中央競馬会(JRA)や公営ギャンブルを手掛ける自治体に対し、1口の払戻金が1000万円以上になった購入者の住所や氏名、レース情報の提供を求める通達を出した。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 任天堂、スイッチ国内出荷を一時停止 外出自粛で需要増に生産追いつかず

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです