メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「感染の危険と隣り合わせ」バス、タクシー業界悲痛 東京都、マスク15万枚提供

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都内のバスやタクシーの業界団体は17日、都庁で小池百合子知事と面会し、マスクや消毒液の確保と観光客離れなど風評被害の拡大防止などを求めた。【森健太郎】

 東京バス協会の山口哲生会長は「バスは感染の危険と背中合わせにある。長期化すれば(備蓄している)マスクや消毒液が底をつきそうだ」と語り、公共交通機関への優先的な提供を求めた。春の修学旅行シーズンを前に、東京が敬遠されないよう風評被害の対策をすることも求めた。

 都内の運転手約1万1700人が加入し、感染者も出た都個人タクシー協会の秋田隆会長は「お客さんにうつすことも、うつされることもできない」と困惑しつつ、「感染経路が分からないと、お客さんも安心して乗れないのではないかと心配している」と話した。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです