メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

死の2週間前、2020年1月17日のナイル=京都市動物園提供

 国内最高齢のライオンだった京都市動物園(同市左京区)の「ナイル」(雄)が1月31日に25歳10カ月で死んだ。人間で言えば100歳超の痩せ衰えた姿ながら「百獣の王」らしい迫力ある咆哮(ほうこう)を死の前々日まで続け、好きだった屋外へ自ら出て過ごした。担当飼育員の松永雅之さん(51)は「自分もこうありたいと思うような、いい死に方だった」と振り返る。

 「動物園中に響くあなたの声は、とてもかっこよかったです。そして、生き方も教えてくれました。尊敬します! 本当にありがとう」。ナイルがいた園舎前に設けられた献花台には、たくさんの花と共に感謝のメッセージが数多く寄せられている。2017年1月に雌の「クリス」が死んで以降、同園でただ1頭のライオンだった。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです