メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

父親への思いや市への憤りを語った長女(右)と妻=新潟市中央区で

 「本当はこんなところにいるんじゃなくて、家族で一緒に家にいたかった」――。新潟市水道局の男性職員(当時38歳)が上司からのパワハラを苦に2007年に自殺した問題で、男性の妻(50)の支援団体が17日、新潟市中央区で集会を開き、中学2年の長女(14)が初めて公の場で父親への思いを語った。

 男性は長女が1歳の時に亡くなった。妻によると、男性が家族旅行するため有給休暇を取ってから、上司から長時間厳しく叱られるなどのパワハラを受けるようになった。市は公務災害認定後もパワハラを否定し…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです