神戸赤十字病院 マスク6000枚なくなる 窃盗容疑で捜査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスク6000枚がなくなった神戸赤十字病院=神戸市中央区で2020年2月18日午後4時、黒詰拓也撮影
マスク6000枚がなくなった神戸赤十字病院=神戸市中央区で2020年2月18日午後4時、黒詰拓也撮影

 神戸市中央区の神戸赤十字病院で、備蓄していた医療用マスク6000枚(時価約4万円相当)がなくなったことが18日、病院や兵庫県警葺合署への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大による需要の高まりで盗まれた可能性があり、署が窃盗容疑で捜査している。

 なくなったのは医療用の「サージカルマスク」12…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

あわせて読みたい

注目の特集