メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおり運転でオートバイ少年転倒死亡 30歳被告に懲役10年の実刑判決 福岡

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 2019年7月に福岡市でオートバイを運転する少年(当時16歳)をあおり運転で転倒・死亡させるなどしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)に問われた同市早良区の会社員、原和裕被告(30)に対し、福岡地裁(中田幹人裁判長)の裁判員裁判は18日、懲役10年(求刑・懲役12年)を言い渡した。

 判決は、原被告が運転する乗用車でバイクを追い抜いた後、約2秒間で時速66キロから35キロまで急減速して進路を塞いだとし「予測困難な危険な行為。急減速すれば衝突・転倒しけがをする可能性を認識したうえで行為に及んだ」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  3. 熊本で13人不明 土砂崩れや住宅浸水も 11自治体約9万2233世帯に避難指示

  4. 「聞いたことのない音がした」 各地で土砂崩れ、感じた命の危険 九州南部で大雨

  5. 熊本・球磨村の老人ホームで14人心肺停止 ほかに3人低体温症

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです