メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおり運転でオートバイ少年転倒死亡 30歳被告に懲役10年の実刑判決 福岡

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 2019年7月に福岡市でオートバイを運転する少年(当時16歳)をあおり運転で転倒・死亡させるなどしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)に問われた同市早良区の会社員、原和裕被告(30)に対し、福岡地裁(中田幹人裁判長)の裁判員裁判は18日、懲役10年(求刑・懲役12年)を言い渡した。

 判決は、原被告が運転する乗用車でバイクを追い抜いた後、約2秒間で時速66キロから35キロまで急減速して進路を塞いだとし「予測困難な危険な行為。急減速すれば衝突・転倒しけがをする可能性を認識したうえで行為に及んだ」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです