メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚雪組、トップ娘役の真彩希帆さんも退団会見「最後まで精進したい」

望海風斗さんからもらったネックレスを身に着け、退団記者会見に臨む真彩希帆さん=兵庫県宝塚市で2020年2月18日午後2時27分、水津聡子撮影

 宝塚雪組トップスターの望海風斗(のぞみ・ふうと)さんと同じく10月11日付での退団が発表されている、同組トップ娘役の真彩希帆(まあや・きほ)さんも18日午後、兵庫県宝塚市内で記者会見した。真彩さんは「最後まで精いっぱい、望海さん、雪組のみんなと良い舞台を作れるよう、精進していきたい」と話した。

 真彩さんは埼玉県出身。2012年に「華やかなりし日々」で初舞台を踏み、17年、望海さんのトップ就任と同時にトップ娘役に。「ファントム」のクリスティーヌ役な…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです