「無理して受験、感染拡大の恐れ」新型コロナで揺れる国公立大 2次試験対応で判断迫られ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東大安田講堂=東京都文京区で、武市公孝撮影
東大安田講堂=東京都文京区で、武市公孝撮影

 25日に控えた国公立大の2次試験(前期)について各大学で新型コロナウイルス感染者への対応が分かれている。受験生が感染した場合、東京大、大阪大、名古屋大、九州大は受験を認めず、追試も行わないことを決めた。一方で、既に実施された大学入試センター試験の成績などで合否を決める特別措置を取る大学もある。【山口朋辰、吉田卓矢/統合デジタル取材センター、水戸健一/東京社会部】

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1255文字)

あわせて読みたい

注目の特集