特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『占(うら)』木内昇・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

占いに“真実”を求めるうち生身の人間が露わになってゆく

◆『占(うら)』木内昇(のぼり)・著(新潮社/税別1800円)

 占いをしてもらったことがない。いったん占ってもらえば、占いの行方に攪乱(かくらん)されそうでこわく、ずっと遠巻きにしてきた。でも、じゃあ占いにまるきり興味がないといえば嘘(うそ)になる。こわごわ覗(のぞ)きたい気持ちを抱くのは、星の数ほどある占い術ではなく、占いに関わると何が起きるのか、起きてしまうのか、について。

 本書『占』は、占いにまつわる七つの短篇を収録する小説集。いったい占いの何が描かれているのか、暗幕を開ける戸惑いの入り交じった期待感は、それこそ占師を訪ねるときの気の逸(はや)りに通じていそうだ……すでに術中に嵌(は)まっている気もする。

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1593文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集