メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 1月に東海テレビ制作の「さよならテレビ」劇場版を見た。もともとテレビドキュメンタリーとして放送したところ、放送業界を中心に大反響を呼び、劇場版が新たに編集されたという。

 東海テレビはこれまでも「ヤクザと憲法」や「人生フルーツ」など優れたドキュメンタリーを制作してきたが、このドキュメンタリーがすごいのは、局内の報道部、つまり自分たち自身にカメラを向けたことだ。番組内で、報道の使命として「(1)事件・事故・政治・災害を知らせる」「(2)困っている人(弱者)を助ける」「(3)権力を監視する」という文言がことさらに映し出されるのは、現在この使命が危機に瀕(ひん)しているからだろうし、そこにこの番組を制作するに至った動機もあるのだと思う。劇場版では、こう…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです