メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

世界に仕掛ける大チャンス フジテレビで国際共同制作ドラマを担当 早川敬之さん

 「海外の仲間と『面白いものができるぞ』と盛り上がっています」

 フジテレビは今、ドイツの公共放送ZDFの子会社「ZDFエンタープライズ」と共同で、連続ドラマ「THE WINDOW」を制作している。巨大な資金が動く世界的なサッカー選手の獲得市場を描き、年内の完成を目指す。その後は日本、ドイツだけでなく、世界各国で放送し、インターネット配信する予定だ。

 このプロジェクトが2017年に動き始めた当初から、エグゼクティブプロデューサーを務める。世界各国の関係者と作業しており、「英国の脚本家チームとストーリーを議論したり、出演する30カ国以上の俳優と面接したり、スポンサーと折衝したりと仕事は幅広い」。その中で感じるのは、ネットフリックスやアマゾンなど動画配信サービスの影響力の拡大だ。「有名な脚本家や監督がチームを組み、膨大な制作費と時間をかけて作品を…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです