メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レンタサイクル付きゲストハウス 飯田のUターン女性起業へ 自然豊かな伊那谷を周遊 /長野

ゲストハウスの開業に向けて物件を改装する山梨明子さん=長野県飯田市大瀬木で

 飯田市で生まれ、名古屋などの広告会社に勤務していた山梨明子さん(44)が、実家の同市山本の果樹農家にUターンし、春の観光シーズンに向けて「レンタサイクル付きの一棟貸しゲストハウス」開業に挑んでいる。【大澤孝二】

 子どもの頃から父・松村隆平さん(73)に連れられ、家族でリンゴの摘果や収穫などを手伝い「作業は大変だったが、家族で励まし合い、楽しかった」。

 愛知の大学を卒業し、名古屋で広告デザインの仕事をしていたが、神戸からIターンして県内でイチゴハウスを経営した経験のある夫・山梨耕一郎さん(43)と出会い、結婚を機に実家へのUターンを決意した。「家族で協力して働く喜びを味わいたい」との強い思いがあったからだ。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです