メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀・大田酒造醸造 おいしい「颪」どうぞ 御浜・耕作放棄地で育てた酒米「神の穂」使用 /三重

新酒「颪」を手にする米生産者の辻本満哉代表(右)と大畑覚町長=御浜町役場で、下村恵美撮影

 御浜町の耕作放棄地で稲作に取り組むグループ・尾呂志「夢」アグリ(辻本満哉代表)が育てた酒米「神の穂」で伊賀市の大田酒造が醸造した純米大吟醸「颪(おろし)」の販売が始まった。辻本さんは町役場での完成披露会で「雨や台風で夏の気象条件は悪く、量は少ないが、いい米が作れた。おいしい酒になったので多くの人に飲んでほしい」と話していた。

 尾呂志地区は熊野古道・風伝峠のふもとにあり、昼夜の温度差が大きく稲作に適した地域。尾呂志「夢」アグリは、増加する耕作放棄地を活用して地域を活性化しようと結成され、江戸末期から大正にかけて酒蔵があった歴史を踏まえて6年前に酒米プロジェクトを立ち上げた。熊野市の自動車部品製造会社「熊野精工」も田植えなどに参加し、県が開発した酒米「神の穂」を育て、大田酒造に醸造依頼。2015年から販売が始まった。

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

  5. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです