特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜」前夜祭、答弁矛盾 首相「個別案件は営業の秘密」 ホテル「伝えた事実ない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
桜を見る会「前夜祭」をめぐる食い違い
桜を見る会「前夜祭」をめぐる食い違い

 「桜を見る会」前日に安倍晋三首相の後援会が主催した「前夜祭」を巡り、会場だったANAインターコンチネンタルホテル東京が、首相答弁の一部を否定したことで、野党は「虚偽答弁ではないか」と反発し、18日午前の衆院予算委員会を欠席するなど国会は紛糾した。

 首相は18日夕、首相官邸で、ホテル側の主張との食い違いについて記者団に問われると「既に国会で答弁した通りだ」などと述べるのみで、具体的な説明をしなかった。

 発端は、17日の予算委での首相の答弁だった。過去に前夜祭会場となったANAホテルが「明細書を主催者に発行しないケースはない」などと野党議員に回答。首相はこれまで、前夜祭でホテル側から明細書を発行されたことはないと説明しており、野党議員は矛盾をただした。首相は、自らの事務所がホテル側に確認した話として、「個別の案件については営業の秘密に関わるため、回答には含まれていない」と答えた。

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1687文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集