特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

水説

怒れる検事長OB=古賀攻

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=2020年2月18日午後6時26分、川田雅浩撮影
安倍晋三首相=2020年2月18日午後6時26分、川田雅浩撮影

 <sui-setsu>

 国会で話題の検察庁法は、日本国憲法と同じ1947年5月3日に施行されている。時期からうかがえるように、民主化の基本として優先的に作られた法律だ。

 その22条に「検事総長は65歳、その他の検察官は63歳で退官する」とある。国家公務員法に60歳定年制と定年延長の規定が設けられたのは34年後。では、検察との関係はどうなっているのだろう。

 立憲民主党の山尾志桜里さんは8日の土曜日、自分でパソコンをたたいて衆院の議事録を調べた。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1039文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集