メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本にカジノ必要か

 日本のカジノへの参入を目指す中国企業から多額の現金などを受け取ったとして、衆院議員の秋元司被告が収賄罪で起訴され、カジノ解禁の是非が改めて問われている。政府は事業を推進する姿勢を変えていないが、カジノが今の日本に必要な理由はどこにあるのか。誘致を目指す自治体や反対運動の当事者に聞いた。

 大阪は現在、2025年大阪・関西万博や主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)など日本で最も注目を集める都市の一つだ。しかし、かつての大阪はそうではなかった。大阪府と大阪市の二重行政などにより効果的な行政運営ができず、首都圏に比べて成長が遅れていた。

 今、この問題に正面から取り組み、府と市が一体となって成長を目指している。経済を活性化させ、高付加価値を生み出す都市として、大胆な改革を10年以上進めてきた。成長戦略や大阪のグランドデザインを一本化し、都市の魅力を高めてきた。その結果、大阪経済も緩やかな回復基調にある。万博や誘致を目指すIRもこうした取り組みの延長線上にある。

この記事は有料記事です。

残り4126文字(全文4564文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです