メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

米の電子機器見本市を取材して 障害者の自律助ける技術=岩下恭士(デジタル編集グループ)

「CES2020」のオーカム社の展示ブースでインタビューに応じる同社副社長のヨナタン・ウェクスラー博士(左)=米ラスベガスで2020年1月8日、岩下恭士撮影

 先月7日から4日間、米ラスベガスで開かれたエレクトロニクスの展示会「CES2020」を取材した。1960年代から開かれている世界最大級の電子機器見本市だ。今年は国内外の4500社が出展、海外からの6万人を含む17万人が最先端の技術に触れた。これまでは家電中心の展示だったが、今年の目玉は人工知能(AI)、カメラを駆使した自動運転車や次世代モバイル通信の5Gである。

 全盲の私が急きょ、展示会行きを決めたのは昨年12月。一昨年から日本で最初のユーザーとして愛用する、視覚支援AIカメラを開発したイスラエルのハイテク企業オーカム・テクノロジーズから出展の案内が来たからだ。オーカム創業者の一人、アムノン・シャシュア・ヘブライ大教授(59)は、今年のCESで最も期待される技術として脚光を浴びた自動運転車の開発メーカー、インテル傘下のモービルアイ社の会長兼最高経営責任者…

この記事は有料記事です。

残り1662文字(全文2045文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです