メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

語る墓、語らぬ墓 カイロ支局・篠田航一

 かつてカルタゴという通商国家があった。地中海を舞台に海上交易で栄えたが、紀元前146年にローマに滅ぼされた。

 今の北アフリカ・チュニジアにカルタゴの遺跡がある。その一つ、小さな墓石が雑然と並ぶ「トフェの墓地」に伝わる話はなかなかショッキングだ。ここからたくさん見つかったのは、炭化した幼児の骨。神にささげるため、生きたまま焼かれたと伝えられている。

 だが、古代は今より乳幼児死亡率が高かったはずで、通常の火葬の跡だという説もある。征服したローマ人が、宿敵カルタゴの残忍さを強調するため「いけにえ説」を広めたとの見方だ。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです