メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

産出額だけでない農業の強さ=農業ジャーナリスト・青山浩子

 農業の現状を知る代表的な指標といえば全国の農業産出額だ。2015年以降3年連続で増加していたが、18年は9兆558億円で、前年比2・4%減った。

 ところで、都道府県ごとの農業産出額は全国の動きと一律ではなく、独自の傾向がある。09年から18年までで産出額が2割以上伸びた自治体は八つある。北海道と青森、山形、山梨、長野、和歌山、高知、鹿児島の各県だ。北海道と鹿児島県は畜産の産出額の伸びが貢献し、その他の県は野菜や果実の産出額の伸びが影響している。強みとする農産物の生産振興を図り、農業者を支援してきた成果の表れといえる。

 一方、米への依存度が高い地域は産出額の伸び方が鈍い。09年から18年までに全国では約10・6%増加したが、米の産出額の構成比が全体の5割を超える6県を合計すると、約1・5%増にとどまり、近年の米の需要低迷が伸び率を抑えている。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです