特集

公文書クライシス

「国民の共有財産」と法でうたわれる公文書。国や自治体での実情を改めて掘り下げるシリーズを掲載します。

特集一覧

公文書クライシス

桜名簿白塗り「脱法」 政府「新たな文書作成」に専門家 「作成過程明記、職員の義務」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会提出資料の「白塗り」を巡る政府の説明と問題点
国会提出資料の「白塗り」を巡る政府の説明と問題点

 内閣府が「桜を見る会」の推薦者名簿を昨年11月に国会へ提出した際に推薦部局名を「白塗り」した問題で、「新たな文書を作成した」とする政府の新たな見解に疑問の声があがっている。野党は公文書管理を担当する北村誠吾地方創生担当相の答弁の迷走を追及してきた。しかし、専門家は新見解そのものが「公文書管理ガイドライン違反」「脱法的な対応」と指摘する。

 新見解は7日の記者会見で北村氏が示した。「白塗り」について、「ある文書を修正して、別の文書を新たに作成したことになる。公文書管理法との関係では問題が生じるとは私は考えていない」と述べ、「改ざん」にはあたらないとした。そのうえで、北村氏は「公文書管理でなく、国会対応で不適切だった」と主張。資料提出時に「白塗り」を国会に説明しなかったことが問題だとし、公文書管理とは切り分ける論法で乗り切ろうと図る。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文910文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集